2016 野田あすかピアノリサイタル

2016年 野田あすかピアノリサイタル

宇陀ビジターセンター(大宇陀温泉あきののゆ)の大谷です。

「NHKおはよう日本」や朝日新聞、読売新聞などで紹介された話題のピアニスト、野田あすかさんのによる奈良県初のピアノリサイタルが開催されます。

野田あすかさんは広汎性発達障害、解離性障害が原因で、いじめ、転校、退学、そして自傷、パニック、右下肢不自由、左耳感音難聴などで入退院を繰り返してきたピアニストです。

4歳の頃より音楽教室に通い始め、ピアニストの道を志すようになるが、子どもの頃より人とのコミュニケーションがうまくとれず、それがストレスとなりたびたび特異な行動をとっていたが、そんなときも大好きなピアノが心の支えになっていました。
22歳になるまで「発達障害」とわからなかったため、家族や周囲の人は困り、悩まされたが、本人もまた「どうして、まわりの人とうまくいかないの?」と悩みつづけてきました。

しかし、恩師となる田中幸子先生と出会い、自分の心をピアノで表現することができるようになり、同時に発達障害の人の気持ちを歌った自作曲「手紙〜小さいころの私へ〜」「生きるためのメロディ」を発表しました。

たくさんの試練をのりこえてきた野田あすかさんの奏でる「やさしいピアノ」は多くの人の感動をよんでいます。

今回は入場無料のリサイタルになります。この機会にぜひ生の音色を感じてみてください。

0904

【野田あすかピアノリサイタル】

日時 2016年9月4日(日) 開演14:30

入場無料・全席自由・事前申し込み不要

場所 大淀町文化会館あらかしホール(〒638-0812奈良県吉野郡大淀町桧垣本2090)