Topic: ライフスタイル

三奇楼(ゲストハウス・移住体験スペース)in吉野町 0

三奇楼(ゲストハウス・移住体験スペース)in吉野町

宇陀ビジターセンター(大宇陀温泉あきののゆ)の大谷です。

奈良県吉野郡吉野町下市に『三奇楼(さんきろう)』というゲストハウスと移住体験を兼ねた、元料亭旅館を改装した宿泊施設があります。

『三奇楼』 は吉野川と対岸の風景を望むことができる場所にあります。 室内は、随所に吉野らしさが感じられる落ち着いた和の空間で、 客室は全4室、最大15名程度のお客さまにご利用いただけます。 連泊でのご利用も可能ですので、吉野での暮らしを体験することもできますし、自然豊かで静かな環境でゆっくり過ごすことができます。

吉野町上市の地元の有志「上市まちづくりの会リターンズ」が中心となり、改装し完成させたゲストハウスは、展望デッキをはじめ、地元の方々が愛情をもって丁寧に改装されたことが随所に伝わってきます。

吉野材を使って作られたお風呂も必見ですよ!夏休みの吉野町や奈良県南部の観光拠点としてもぜひご利用ください。

2

【ゲストハウス・移住体験スペース 三奇楼(さんきろう)】

所在地 奈良県吉野郡吉野町上市207
TEL: 0746-32-5225/ FAX: 0746-32-1785

※お車の場合

【大阪(市内)から】
・西名阪自動車道「郡山I.C.」からR24で橿原経由R169(約2時間)
・阪和自動車道「美原J.C.T」から南阪奈道路「葛城I.C.」を経てR165(高田バイパス)橿原経由R169(約1時間)
【名古屋方面から】
・東名阪自動車道から名阪国道「針I.C.」を経て、R369、R370、R169(約2時間30分)

※鉄道の場合

近鉄吉野畿大和上市駅下車三奇楼まで、徒歩約15分
・近鉄あべの橋駅から…吉野行特急(約1時間15分)
・涯鉄京都駅から…橿原神宮前駅のりかえ(特急釣1時間30分)
・近鉄奈良駅から…西大寺・橿原神宮前駅のりかえ(特急約1時間5分)

 

ヤマノカロin十津川村 0

期間限定カフェ『ヤマノカロ』と十津川盆踊り

宇陀ビジターセンター(大宇陀温泉あきののゆ)の大谷です。

奈良県の一番南に位置する日本一広い村、十津川村の中ほど、湯泉地温泉からすぐの武蔵地区で、 期間限定カフェ『ヤマノカロ』が今年もオープンします!

カフェでは地元の食材を使った軽食や甘味とドリンクをご用意してお楽しみいただけます。

期間中村内各地で開催される十津川盆踊りですが、武蔵地区では8月14日が本番です!練習日もあるので、地元の方に教えてもらいながら本番をより楽しむこともできますよ!

カフェは3日間のオープンですが、イベント期間中はさらに深く武蔵を楽しむためのトークイベントやワークショップもあります。

メインの十津川盆踊りはもちろん、その他イベント、カフェ『ヤマノカロ』、温泉、などなどとても一日では足りない魅力がいっぱいの十津川村。

宿泊施設もたくさんありますので、ぜひゆっくりお立ち寄りください。

ヤマノカロ』を作った人々・・・
武蔵の盆踊りに、大阪から10年以上にわたってリピーターとして参加してきた、Calo Bookshop & Cafeの石川あき子と店舗デザインやディスプレイなどを手がける木村亮介が、地域の皆さんとのつながりを生かして2015年より盆踊りの時期に合わせて『ヤマノカロ』を運営しています。

tumblr_nr0gm15h9Y1uz096ho1_r5_1280

ヤマノカロ

各種イベント開催期間 2016年8月10日(水)~8月14日(日)

カフェオープン日 8月12日(金)~8月14日(日)

【十津川盆踊り】

村内各地で開催されます。

※武蔵地区では8月14日が本番

橋本屋~室生の老舗旅館~ 0

橋本屋~室生の老舗旅館~

宇陀ビジターセンター(大宇陀温泉あきののゆ)の大谷です。

「橋本屋」は、奈良県宇陀市にある女人高野で有名な室生寺門前に明治四年に創業された老舗旅館です。

ご宿泊だけではなく、室生寺参拝後の昼食や休憩でもご利用いただけます。

ちなみに女人高野とは、室生寺(むろうじ)の異名で、高野山など明治初年まで女人禁制であった寺に対して、女子の参拝・修行が許されたことからこのように呼ばれています。

「橋本屋」では室生散策と山菜料理を楽しむ旅をご提案中です。

室生散策マップを作るとともに、女性向けのスペシャル山菜ランチをご用意しました。こちらは1日20食限定のランチメニューです。

バランスよく栄養が摂れるように、女性向けに品数を多くしてたくさんの種類を少しずつ食べられるように工夫をしています。

ランチを食べて元気になったら、「宇陀市立公園室生山上公園芸術の森」でアートに触れたり、古来からのパワースポット「龍穴神社」で癒されたり、五重塔がある「室生寺」に参拝したり・・・ぜひ室生を散策してみてください。

hsimotoyahasimotoya2

【橋本屋】

営業時間 10:00~16:00

電話 0745-93-2056

場所 〒633-0421 奈良県宇陀市室生800

女性向けのスペシャル山菜ランチ<2,000円(税別)>※ご予約はお電話で承っております。

(ご昼食のみのご利用も大歓迎です。橋本屋自慢の山菜料理をお楽しみください。)

定休日 不定休 7月の休業日は下記の通りです。

ご宿泊 宿泊料金/1泊2食付1名 1万5,000円(税別) チェックイン/15:00 チェックアウト/10:00

※ご宿伯は、1日2組までとさせていただいております

宝泉窯 0

宝泉窯

奈良県宇陀市にある重要伝統的建造物群保存地区に選定された古い街並みが残る町、宇陀松山。

その街並みの中にある、綺麗なからし色に染められた麻の暖簾をくぐると、趣のある土間や玄関、奥の和室と至る所に、町屋の雰囲気と調和した器や小物たちが並べられています。
一つ一つ丁寧に作られました!と胸を張っているようにすら見える作品達。
その作品を作られているのが、この「宝泉窯」のご主人、杉本遊炫さんです。
今回は杉本さんと奥様にお会いして、伝統芸能や古き良き街並みに対するその熱い想いをお話ししていただきました。

DSC_1158 (1)

1986年、京都から独立をきっかけに移住した。移住先に選んだのは室生の田口という所だった。
室生に住んでいる同級生のお店、甘味処「やまが」に遊びに行ったときに触れた室生の環境を気に入り、その後も何度も足を運び移住を決めた。

移住した室生で工房を開き、陶芸に没頭した。

その後大宇陀にきたのは2011年。空き家の新聞広告をたまたま見て訪れ、その他にも何軒か見ていたそうだが、やはり大宇陀のこの町屋が一番のお気に入りだった。
そんな出会いから始まり、この大宇陀の町屋にきて今年で6年目になる。

陶芸をやり続けながら、青森から天草まで日本各地のさまざまなイベントや展示会に出展。
様々なイベントに出展したり、お客として訪れたりして思うことがあった。

今流行りのマルシェはたくさんある。出展者の垣根は低く、だれでも訪れることができ出展することもでき、楽しめる。
ただ、本当に芸を突き詰めてきて、伝統を残していきたい、つないでいきたいと思う杉本さんには物足りない部分もあった。
もしかしたらお客さんは少し減るかもしれない。来る方も出展する方もハードルは上がるかもしれない。
それでもやってみたいという夢ができた。
夢は【クラフトフェア】を開催すること。
陶芸家同士が、ライバルながら惚れ込んでしまうような志をもった職人、その手から生まれた作品。それらが並び、皆で手に取りながらいつまでも「ものづくり」について語れるような一日。そんなイベントをやりたい。

「30~50ブースあったらいいかな。」と、いつか開催されるだろう【クラフトフェア】について話す杉本さんの眼はキラキラしていて、こっちまで一緒にお手伝いしたくなるほどだ。

「ものづくりの原点を後の人たちにも伝えていきたいんだ。」そう語る杉本さん。杉本さんのような方が後に伝えていくことをやめてしまったら、もう杉本さんより後の世代の方はこの作品に、芸術に触れることも知ることもできない。そう考えると今まで伝えてきてくれた先人の方々には感謝しかない。遠い昔から、繋いで、紡いできてくれた方がいるからこそ、今がある。

DSC_1166 (1)

茶碗は季節によって変えるものだということはご存知ですか?
飲み口が狭くて茶が冷めにくい筒茶碗は、冬向き。
広くて冷めやすい平茶碗は夏向き。
湯呑茶碗にも、お客様用、家庭用など種類があるそうです。そんな知識の元、今日はどんな茶碗がいいだろう?と選んで出してくださったと思うと、喜びもひとしおです。

おいしいお茶を頂いていると、私たちと杉本さんと奥様は違うお茶碗であることに気づきました。

「こちらのは家庭用なんですよ。」と話す奥様の手には、綺麗な花が絵付けされた茶碗があります。

元々は陶芸のみだったが、室生で陶芸に没頭しながらちょっと空いた時間に草花を描いたことがきっかけで、その後も絵を描き続けた。杉本さんは実は絵描きになりたかったそうです。
杉本さんのお家は親子3代続く絵描きの家系。自分には向いてないと思って絵描きの道はやめたが、絵を描くことは好きだった。

宝泉窯には絵付けした陶器がたくさんあります。
しかし前述したように杉本さんは元々絵を描いていたわけではありません。陶芸をずっとやっていく中で、空いてる時間に絵を描き始めたのです。
杉本さんは言います。「技術の上のアートだからね。」
ものづくりの技術があってこそ、それを引き立たせるアートになるのだと。

DSC_1169 (1)

写真の陶器のボタンは奥様が作られています。紐をとおしてペンダントとしても使える女性に人気の作品です。

築100年以上の町家に住んでいる杉本さんはこの町家、この街並みに惹かれて宇陀に来られました。
生活しているうちに、この宇陀の街並みも後世に残していきたいし、皆に訪れてほしいとも思うようになりました。
杉本さんの夢は【クラフトフェア】をこの宇陀松山で開催し、古き良き街並みの良さを皆に感じてほしい。

宝泉窯をはじめ、情緒ある雰囲気はそのまま残されている町屋たち。その町屋たちは今も誰かが生活していて「家」として生きている。

「中まで入って見てほしいんだよね。見られるの嫌だっていう人もいるかもしれないけどさ。」と笑って言う杉本さん。

外から見て十分趣を感じる素敵な町屋だが、一歩中に入ると、外から見ただけでは感じられない、圧倒的な『昔からあり続けることで生まれる空気』を感じた。

それは懐かしさだったり、この家を建てた先人達の偉大さだったり、住み続けた人々の歴史だったり・・・とても一言では表せないものがここにはある。

こうして今もここにあること、そして飾られているだけではなく家として機能していること。それはもう素晴らしい、に尽きる。

「中まで入って、見てわかることや感じることがある。この町屋や宇陀松山の街並みの良さを感じて後世に繋いでいってほしい。」

杉本さんは今日も宝泉窯で、芸術の良さ、伝統の大切さ、古き良き街並みを守っていくことの大切さを、作品を通じて発信し続けています。

 

取材・記事 宇陀ビジターセンター(大宇陀温泉あきののゆ)大谷

houhouhohou2

【宝泉窯~やきもの工房~】

所在地 〒633-2161 奈良県宇陀市大宇陀上新1909

TEL・FAX 0745-83-0883

 

2016 東吉野村~夏の川遊び情報~ 0

2016年 東吉野村~夏の川遊び情報~

宇陀ビジターセンター(大宇陀温泉あきののゆ)の大谷です。

奈良県宇陀市に隣接する東吉野村は、緑豊かな山々に囲まれ、清流が流れる静かな山里です。

宇陀から峠を越えるとひんやりした空気に包まれ、都会に比べて過ごしやすいです。また鮎釣りの場所としても有名で毎年たくさんの方が訪れています。

そんな東吉野村ではただいま川遊びシーズン真っ盛り!そこで、川遊びできる場所をまとめてみました!

ぜひ参考にして、透き通る綺麗な川で遊んだり休んだりしながらこの暑い夏を乗り切ってくださいね!

 

高見公園キャンプ場

ロッジもキャンプ場もあります。すぐそばに車を止められるので小さいお子様連れのご家族などにおすすめです!

橋を渡った先にはキャンプ場しかないので、山の緑と川に囲まれゆっくりリラックスできます。

所在地 〒633-2311 奈良県吉野郡東吉野木津740番地
ご予約・お問合せ 0746-44-0288

top4whole_view

東吉野キャンプ場

夏休み人気のキャンプ場です!川遊び大好きっ子にはこちらがおすすめです。丹生川上神社の近く、高見川、四郷川そして日裏川との出合にあるキャンプ場。テント張ったり川に入ったり自炊したり、ザ・アウトドアを満喫できます。

所在地 〒633-2431 奈良県吉野郡東吉野村小
ご予約・お問合せ 0746-42-0463

09081508049

ふるさと村

バーベキュー施設、川遊びはもちろん、宿泊もお食事もできます!隣に「やはた温泉」があったり、この一か所で全て揃ってますので、朝から晩まで思う存分楽しめます。

所在地 〒633-2442 奈良県吉野郡東吉野村大字大豆生739
ご予約・お問合せ TEL. 0746-43-0413/FAX. 0746-43-0500

82d382e982b382c691ba3

2016 みつえ青少年旅行村 0

2016年 みつえ青少年旅行村

宇陀ビジターセンター(大宇陀温泉あきののゆ)の大谷です。

奈良県御杖村の三峰山の麓にある「みつえ青少年旅行村」は、フィールドアスレチックやハイキング、川遊びなど、多様に楽しんでいただける施設です。

エリアをめいっぱい使って、一日中遊ぶことができます!他ではめったに見かけない「ボブスレー」もあるんです!

川遊び場では川の中に滑り台が設置されていて子供たちに大人気です。

バンガローやキャンプで宿泊することもできます。

御杖村の大自然を満喫して心と身体をリフレッシュしてみませんか?

mitueseisyounennmitueseisyounenn2

みつえ青少年旅行村

開村期間 4月末から10月末(火曜日定休)※夏休み中は無休

お問い合わせ みつえ青少年旅行村 0745-95-3088(火曜日を除く10~16時)

2016 うだアニマル・パーク~夏休みイベント~ 0

2016年 うだアニマル・パーク~夏休みのイベント~

宇陀ビジターセンター(大宇陀温泉あきののゆ)の大谷です。

いよいよ夏休み本番ですね!毎日元気いっぱいのお子様とともに、どこに出かけようか?とお悩みの親御さんも多いのではないでしょうか?

大宇陀温泉あきののゆから車で10分のところにある「うだアニマル・パーク」は只今夏休みイベント真っ最中です!

これからのイベントは、行燈(あんどん)作りや、サマースクールで飼育体験など開催されます!

また、8月26日(金)27日(土)は『ほんのりあんどん』が開催されますが、
約4,000個のろうそくがアニマルパークを照らし続けます。

年に一度の静かな明かりに包まれるアニマル・パークはいつもと違う

表情を見せてくれます。

子供たちの笑顔で大賑わいの「うだアニマル・パーク」へぜひお子様と遊びに行ってみてください。

animalanimal2

【うだアニマル・パーク】

利用時間 9時~17時
休館日  毎週月曜 (月曜が休日の場合は開館し、翌平日を休館)および12月28日~1月4日までは休館日
駐車料金・入園料 無料

所在地 〒633-2112 奈良県宇陀市大宇陀小附75−1

2016 秋の黒滝散策・杉の葉染め体験ツアー 0

2016年 秋の黒滝散策・杉の葉染め体験ツアー

宇陀ビジターセンター(大宇陀温泉あきののゆ)の大谷です。

少し先の話になりますが、9月10日(土)に黒滝村で【秋の黒滝散策・杉の葉染め体験ツアー】が開催されます!

奈良県の中央に位置する黒滝村は村の総面積の約97%を林野が占める「森の村」です。その黒滝村の特産品にもなっている「杉の葉染め」を気軽に体験できるツアーです。

開催は9月10日(土)ですが、申し込み締め切りが8月19日(金)ですので詳細お知らせいたします。

御吉野の湯入浴券もついていますので、杉の葉染めを体験した後はお帰りの時間までゆっくりくつろいでいただけます。

昼食はついておりませんので、道の駅吉野路黒滝でも販売されている黒滝村特産品の「朴の葉寿司」や「柿の葉寿司」などいただくのもおすすめです。

優しい色合いが特徴の「杉の葉染め」をぜひこの機会に体験してみてください。

kurotaki819

【秋の黒滝散策・杉の葉染め体験ツアー】

開催日時 9月10日(土)10時集合(現地集合)※雨天決行

集合場所 道の駅吉野路黒滝

内容 10:00集合、黒滝・森物語村へ出発~10:30杉の葉染め体験(約2時間、屋内での作業)~昼食・入浴など自由行動~15:00黒滝・森物語村へ再集合、解散

参加費 1000円(御吉野の湯入浴券付・当日支払い)

定員 20名

申し込み締め切り 8月19日(金)

問い合わせ・申し込み先 黒滝村商工会  0747-62-2128

古民家民宿『おもや』in御杖村 0

古民家民宿『おもや』

宇陀ビジターセンター(大宇陀温泉あきののゆ)の大谷です。

奈良県宇陀郡御杖村にある古民家民宿をご存知でしょうか?

古民家民宿『おもや』は、500年以上前からその地にあり、今から200年以上前に差鴨居という伝統ある構法で建てられた歴史ある田舎の古民家です。
平成27年4月に民宿としてオープンして以来、たくさんの方が宿泊され、海外からのお客様もいらっしゃるようです。

部屋の中には古い梁がそのまま残っていたり、囲炉裏部屋や、奥座敷など趣のあるものをそのまま活用しています。

裏庭にはピザ窯や燻製窯もあります!バーベキューもできますよ!

ピザ作りなど、体験メニューも季節に合わせて様々用意されてますのでぜひお問い合わせください。
御杖村の静かな自然の中で、ゆるりとしたひと時を心ゆくまでお愉しみください。

omoyaomoyaomoya2

 

古民家民宿『おもや

住所 〒633-1302 奈良県宇陀郡御杖村菅野2415番地

電話 080-6923-2197 /FAX  0745-95-2675

 

カントリーカフェ ハーブクラブ 0

宇陀ビジターセンター(大宇陀温泉あきののゆ)の大谷です。

今回はお店のご紹介をしたいと思います。

奈良市水間町にある『カントリーカフェ ハーブクラブ』は大きな石窯で焼き上げるこだわりのお料理がおすすめのカフェです。

石窯の遠赤外線効果により食材のうまさを逃がさず提供いたします。

名物のスペアリブは1週間ほど漬け込まれ、食べた瞬間口から旨みがあふれ出します!

テラス席にはドッグカフェをご用意しておりますので、愛犬と一緒にお食事をお楽しみいただけます。

また併設された工房で作られたクッキーやパウンドケーキなどの焼き菓子や自家製パンなどを購入できるギフトハウスと、アウトドアブランド「mont・bell」のアイテムなどを販売しているモンベルルームもあります。

こちらもぜひお気軽にお立ち寄りください。

ハーブクラブでは知的障害者と健常者が一緒に働いています。ホールで、厨房で、生産工房で、ごく自然に働いています。そこにはこのカフェレストランを始めた社会福祉法人青葉仁会の思いが込められています。

《以下HPより抜粋》

答えはとても自然なものです。施設と社会には一般に、見えない堀があると言われることがあります。ならば、その堀に橋をかけよう、それが私たちの思いであり、その実際の試みとしてこのレストランは生まれました。ここが施設の就労センターであることを私たちはことさら強調しません。そんなふうに自然に障害のある人とない人がつながる場所、それがハーブクラブなのです。

そこにいる皆さんが食べにくるお客様のために、一生懸命働いています。それはどのお店でも変わらない、共通のこと。なんですね。

お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください。

ha-bukurabuha-bukurabu2

【カントリーカフェ ハーブクラブ】

営業時間 (月~金)10:00~18:00
(土日祝)10:00~19:00

所在地 〒630-2151奈良市水間町3020-3
Tel/Fax  0742-81-0829